セキュリティソフト 動作 問題点

セキュリティ対策ソフトの動作と問題点

セキュリティ対策ソフトを導入した際に問題となるのが、コンピュータの処理速度に多少低下が見られる場合がある事です。
時にはコンピュータが動かなくなってしまったり、ブラウジング時に読み込む速度が異様に遅くなったり(いわゆる「重い」と言われる現象です。)する事もあり、セキュリティ対策ソフトを導入した事によるストレスを感じている方も少なくないでしょう。

 

このストレスを回避するために、セキュリティ対策ソフトをアンインストールしその後は他のソフトをインストールしない方がいます。
しかしこれは、コンピュータウイルスの感染等を自ら招くようなもので、非常に危険な行為だと言わざるを得ません。
多少の処理速度の低下に関しては、我慢も必要なのではないでしょうか。

 

そのためには、スペックの低いコンピュータを使用している場合は出来るだけ「軽い」セキュリティ対策ソフトを選択する事をお勧めします。
その際は動作環境を重視し、スペックの低いコンピュータに見合うソフトがない場合は、メモリの増設を考えるなど動作環境の不備を少しずつ解消することも検討しなければなりません。

 

他にはセキュリティ対策ソフトに搭載している機能のうち、不要なものは無効にするという方法がありますが、自分で行なう必要があるため、コンピュータを扱い慣れていない方には難しいかもしれません。
最低限必要なものは、ファイアウォール、アンチウイルス、アンチスパイウェアといったものになります。しかし我慢できない程動作が重いのであれば、性能の良いコンピュータへの買い替えも視野に入れた方が良いのではないでしょうか。

 

軽いセキュリティソフト関連情報